シロアリ駆除を実施して住宅を守る〜住宅を保護するのに役立つ対策〜

羽アリやシロアリの大量発生は見た人に嫌悪感を与えます

シロアリ駆除は施工方法で変わる【即効性と安全性で比較】

即効性を求めるならバリア工法

羽アリの駆除を行なう際は業者が取り扱っている施工の中から、それぞれの物件に最適な施工をセレクトする必要があります。施工を依頼する際は最適な工事を実施できるように、それぞれの特徴を確認しておきましょう。

巣ごと駆除するのならベイト工法

バリア工法は薬剤施工とも呼ばれており、施工を実施してすぐに効果を発揮することができる施工法として知られています。施工によって発揮される効果は5年程持続するため、バリア工法を実施しておけば長期間はシロアリを気にすることなく日常生活を楽しむことが可能です。 しかし人によっては薬の影響によって身体に悪影響が発生することもあるため、施工を実施する際は注意しなければなりません。住宅によっては薬剤から発生した臭いが住宅内に染みついてしまうことがあります。

ベイト工法は使用する薬剤の量が少ないため人体や自然に対する影響が小さく、薬の臭いも気にならないためとても安全性が高いです。シロアリを巣ごと駆除することが可能なため、一度施工を実施すれば住宅をしっかり守ることができます。 ですがベイト工法は定期的な点検が必要になるため、施工費用が高額になってしまうことが多いです。また駆除が完了するまでには数か月程かかるため、すぐにシロアリを駆除したい方には適していません。

羽アリが大量発生したのを放置しておくと、シロアリが住宅に住み着いてしまい木材がボロボロになってしまいます。そのため住宅で羽アリを発見した場合は羽アリ駆除を実施しておき、シロアリが物件に定着するのを防がなければなりません。シロアリは木製の家具なども食べてしまうため、被害が発生してから対処を行なうと家具の買い替えや住宅の修繕に多くの費用を消費してしまう可能性が高いです。まずは近くの専門業者の方に相談を申し込みましょう。

TOPボタン